「乱舞― RANBU ―」  曲 リエ/詞 ユズハ

此処にあるようで近くには無い
這い上がる度遠ざかる
錯覚にまた視界は揺らぐ
目が回るように乱れ咲く

何処が正解か 何が間違いか

夢を見る度現実を知る
目が眩むほど照らされるはずないことくらい
解ってるのに
呼び覚ます時空の中で

何が真実か 何処が終わりか

息を潜めて共鳴を待つ
他に誰もいないステージで
僅かに響くこの吐息だけ
始まりを終えるそのときまで

幕が落ちる 静寂を破る
此処にいても何も変えられない

走る鼓動が共鳴探す
息の根響くこのステージで
確かに生きるこの吐息だけ
始まりを終える今このとき

声を荒げて共鳴宿す
まだ自分だけのステージで
散るように乱れ舞うように走る
強さを纏うそのときまで
 

inserted by FC2 system